株式には、「単元株」という売買する為の最小株式数が存在します。 この売買するのに必要な株式の数は、1000株単位または100株単位が主流です。 例えば、1株1000円の株の単元株が100株単位だとしたら、 「1000円×100株=100000円」のお金が取引に必要になります。 初心者の投資家がいきなり100000円の投資を強いられるのは、 結構な決断が必要になるのではないかと思います。 継続して投資を続けるには、余裕資金としてもっと用意する必要があるでしょう。 その様な方に向いているのが「株式ミニ投資」と「株式累積投資」です。 「株式ミニ投資」は、単元株の10分の1の株数から売買できるシステムで、 上記の例だと、初期投資は10000円から購入可能となります。 株式投資の練習としても取っ付き易いシステムだと思いませんか。 ただ、株の名義は証券会社になってしまう為、株主優待を受ける事ができません。 「株式累積投資」は、通称「るいとう」と呼ばれているシステムです。 これは、指定した銘柄を月々1万円から千円単位で購入して積み立てる事が出来るシステムです。 時間を分けて購入する事で、リスクの軽減にも繋がります。 いきなり大金をかけるのが怖いという方や、初心者で株をやってみたい方に向いた投資方法です。