突然出会うのが事故です。

そこで何をどうやって対応したことがポイントとなり、保険料の支払額も変化する状況も想像されますので決断と行動力が不可欠です。

予想外のハプニングで冷静さを失ってしまったとしたら対応を忘れてしまい、自身が損をしてしまう場面も予測できるので乗用車の事故をした場合には的確に次に述べる処理を行います。

事故を起こしてしまった場面で第一にしなければいけないのが怪我をした人がいるかどうかのかを確認する必要があります。

乗用車の事故の後すぐはぼうぜん自失となってしまう場面がありすぐには対応できないのが通常です。

ですから、負傷した人がいた時に安全な場所に移して応急な手当を行い、周囲の人に助けを呼ぶなどして怪我人最優先に努めることが重要です。

119番通報する場合には的確な現場を伝えて不明な場所では辺りの目立つお店や地点を連絡し事故の現場の住所が分かってもらえるようにします。

2番目に警察に通報して、自動車事故があった旨そして現在の様子を連絡します。

救急車とパトカーが来るのを待っている時間に相手の情報を聞きます。

名前、住んでいるところ、TEL番免許車のナンバー事故相手の自動車保険の会社名という各々の内容をやり取りします。

この時相手方にミスがある状況ではそこでやり取りしようとする場合が存在しますが事故現場で解決するのではなく、どのような時であれ警察や自動車保険の会社に報告して平等に確認してもらう事が必要です。

互いの連絡先をやり取りしたら交通の妨げにならないように障害になる物を道路から取り除きます。

仮に障害物が車の障害となっている場合は、相手と自分の情報の交換をするより早くその対応を行っても問題は起こりません。

次に自らが掛金を支払っている自動車保険会社に電話をして車の事故があった旨を報告します。

自動車事故から一定の時間の時に車の保険会社に連絡しておかないと、保険の適用除外にされる状況もありますのでなるべく早く連絡することが重要です。

出来たら事故の現場の手がかりとして、手持ちのカメラや携帯のカメラなどで状況や自動車の破損状態を見ることができる写真を撮ります。

この写真は過失の割合決める時にかなり大きな証明となりますので自分自身の乗用車や相手の車の壊れた箇所を全部カメラに残しておくことが重要です。

目撃者がいたら警察の人や保険会社の人がやってくるまで事故現場にそのままいてもらうよう呼びかけることも重要です。